スポンサーリンク

ホームジム

パワーラックとスミスマシンの違いを徹底解説!自宅に買うならどっちがおすすめ?

買うならどっち?スミスマシンとパワーラックの違いを徹底解説【ホームジム】

 

  • スミスマシンとパワーラックってどっちがいいの?
  • ホームジムに欲しいんだけど、どっちを選べばいいのかわからない。。。

この記事ではこのような悩みを解消します。

 

ぶーぶー
こんにちは!ぶーぶーです。

今回は「パワーラック」と「スミスマシン」2つの違いについて、徹底的に解説したいと思います。

この記事がおすすめな人

  • パワーラック・スミスマシンの違いを比較したい人
  • パワーラック・スミスマシンのリアルなデメリットが知りたい人
  • パワーラックorスミスマシンの導入を自宅に考えている人

 

ぴょいん
ホームジム作りでパワーラックorスミスマシンで悩んでる人もぜひ参考にしてみてね♪

 

パワーラックとスミスマシンの違いを徹底解説!自宅に買うならどっちがおすすめ?

「パワーラック」と「スミスマシン」の違い

パワーラックとスミスマシンの違いを簡潔に解説すると、以下の表のような感じです。

安全性能筋トレのタイプ筋トレ効果
パワーラックフリーウエイト
スミスマシンマシン

 

パワーラックの特徴

パワーラックは「フリーウエイト」と呼ばれるタイプの筋トレができる器具です。

安全面では怪我防止の為のセーフティーが付いています。

しかしバーベルを自分の力でコントロールするという、フリーウエイトの性質上、バランスを崩すとそのまま危険な事故に繋がる可能性もあります。

なのである程度バーベルのコントロールに慣れた「筋トレ中~上級者向け」の筋トレ器具という認識が一般的です。

 

スミスマシンの特徴

スミスマシンは名前にもある通り「マシン」タイプの筋トレができる器具です。

セーフティの他にも、「バーベルの軌道が支柱に沿う形で固定」されているので、マシン特有の高い安全性で筋トレすることが可能です。

なので筋トレ初心者にも使いやすく、中~上級者にも人気のある器具です。

しかしフリーウエイトに比べると、バーベルが支柱に固定されてしまっている故に、種目によっては「筋肉に入る刺激が減ってしまう」デメリットもあります。

 

ぶーぶー
まだまだ解説したいことが沢山…!!!順に1つずつ説明しますブゥ!

 

スミスマシンを徹底解剖!パワーラックとはここが違う

まず初めに「スミスマシン」の方から解説していきますね。

スミスマシンの特徴

筋トレ界隈では「筋トレ初心者向き」と言われているスミスマシンですが、その理由としては、スミスマシンの構造による高い安全性能が挙げられています。

 

スミスマシンの特徴その①「高い安全性能」

スミスマシンのバーベルは、固定されている柱に沿って動くという特徴があります。

スミスマシンの性能その①高い安全性能

この柱に沿ってバーベルが上下に動くので、筋トレ初心者でも種目中にバランスを崩さずに、安全に筋トレすることが出来るようになっています。

 

スミスマシンの特徴その②「潰れる前に中断しやすい」

スミスマシンの性能その②潰れる前に中断しやすい

また、スミスマシンはバーベルを掛ける穴やフックが多数付いている構造になっています。

なので「重くて無理っ」と潰れそうになっても、いつでも種目を中断しやすいという点もスミスマシンの特徴です。

 

ぶーぶー
メーカーによってバーベルを掛ける部分が穴やフックの違いはありますが、システムは全部一緒なのでご安心ください。ブゥ。

 

スミスマシンのメリットとデメリット

実は上記のスミスマシンはぶーぶーが家で使っていたスミスマシンになるのですが

実際にスミスマシンを使っていて感じたメリット・デメリットは以下ような感じです。

 

スミスマシンのメリット

  • バーベルが支柱に沿って動くので、初心者でも安全に筋トレができる
  • バーベルを掛ける場所が多く、中断しやすいので重めの重量にもチャレンジしやすい
  • 上記2つの安全性から、家でもジムでも1人で安全に追い込みやすいと言える
ぶーぶー
バーベルが支柱に沿って動くので、女性やお年寄りが筋トレする時でも無理なく始められそうでしたよ。ブゥ♪

 

スミスマシンのデメリット

  • バーベルが支柱に沿って動くので、重量(負荷)が100%筋肉に掛からない
  • バーベルが支柱に沿って動くので、バーベルを支える(バランスを取る)筋肉が鍛えられない

デメリットについては以下で詳しく解説します!

 

スミスマシンの知っておきたいデメリット

スミスマシンのデメリットを解説します。

スミスマシンは、重量(負荷)が100%筋肉に掛からない

バーベルが支柱に沿って動くため、負荷が支柱にも分散しやすく自分に100%の負荷がかかりません。

よく言われる例では、

スミスマシンでやるベンチ120kgは、フリーウエイトでやるベンチ100kgと同じ」というものがあります。

純粋に何kg上げた!と記録を楽しみたい人はちょっと複雑な気持ちになってしまうかもしれません。

 

スミスマシンは、バーベルを支える(バランスを取る)筋肉が鍛えられない

パワーラックとスミスマシンの違いで特に知ってもらいたい事の1つです

 

スミスマシンのメリットである「支柱に沿って安全に筋トレが出来る」というのは、とても素晴らしいし最高です。

でも、バーベルの軌道が支柱に沿う形で固定されている(つまり潰れないように自力でバランスを取らなくていい)ということは、

「バランスを取る(コントロールする)ための筋肉が鍛えられない」ということ。

 

確かな安全性能もスミスの魅力の1つですが

バーベルをコントロールする筋肉も発達している体

バーベルをコントロールする筋肉が発達していない体。どちらがいいかは明らかですよね。

 

以上のことから、

安全性の高さからスミスマシンは「筋トレ初心者におすすめの器具」と言える代わりに、

その安全性の高さが筋トレ中~上級者になった時にネックになる時がくる、と言えます。

 

【比較】パワーラックの特徴を徹底解説

次はパワーラックの特徴を解説します。

パワーラックの特徴

ちなみに筆者はパワーラックの費用を抑えようと思い、DIYでパワーラックを手作りして使っていました///笑

できるだけ安くパワーラックが欲しいという方は、よければこちらも合わせてお読みください。

 

またAmazonで買えるパワーラックの価格性能も比較してみたので、既製品選びの参考にご利用下さい。

 

パワーラックの特徴①フリーウエイトで限界まで追い込める

筋トレ中~上級者向け」と言われているパワーラック。

構造はスミスマシンと違い、支柱でバーベルの動きを固定しない「フリーウエイト」と呼ばれるタイプの器具なので

使用した重量の負荷が全てダイレクトに自分にやってきます。

 

また支柱にバーベルが固定されていないため、自分でバーベルの動きをコントロールする必要がありますが

その代わり「バーベルをコントロールする筋肉も鍛えられる」のがパワーラックの強みにもなります。

 

パワーラックの特徴②懸垂できる部分付き

パワーラックは柱の一部が懸垂の出来るバーになっています。

そのため1台で全身の筋トレが大体できてしまうのも魅力です。

 

ぴょいん
メーカーや金額に関わらず、懸垂は全てのパワーラックで出来るから安心してね♪

品によってはオプションでラットプルが付けられたりするタイプもあるみたいだよ!

 

パワーラックのメリット・デメリット

上記の特徴をまとめると、パワーラックのメリット・デメリットは以下のような感じ。

パワーラックのメリット

  • 「フリーウエイト」と呼ばれる種類の器具なので、使った重さの負荷が100%自分に来る
  • バーベルの軌道が固定されていないので、バランスを取るために「使う筋肉が増える」
  • 懸垂出来る部分が付いている

 

パワーラックのデメリット

  • バーベルの軌道が固定されていないので、バランスを崩すと怪我に繋がる可能性が高い
  • セーフティの位置を種目別に変える必要がある

 

「セーフティ」についての補足

パワーラックはスミスマシンと違い、途中でバーを掛けるフックや穴が付いていません。

一度ラックから持ち上げると、「同じ場所に戻す」か、潰れた時用の「セーフティに乗せる」かの二箇所しかバーベルを下ろせなくなります

 

なので、例えばベンチプレスの翌日にスクワットをした場合

慣れてるから大丈夫。と、セーフティの位置をベンチプレスの位置に合わせたままスクワットで潰れると、

おおよそ膝の高さの位置にあるセーフティまでバーベルを担いだまま崩れ落ちるという事になります。

身体を痛める可能性が極めて高いので、必ずセーフティの位置は筋トレ前に確認しましょう

 

【まとめ】パワーラックとスミスマシン。将来的な事を考えるとパワーラックが若干有利!

【まとめ】将来的なことも考えて、パワーラックが非常におすすめ

バリン
結局スミスマシンとパワーラック、どっちを買えば後悔しないの?

はい。

今回はパワーラックとスミスマシンの比較を徹底的にやってみました訳ですが、

ホームジムにどちらかを置くとなった時の答えは、「将来的なことを考えるとパワーラックが後悔しない可能性が高い!」です。

 

なぜならスミスマシンがお勧めな筋トレ初心者達もみな、時が経つにつれ中~上級者へと変化していくからです。

なので最初にパワーラックを買っておけば、器具を買い直す必要なくずっと使っていけますよ♪

 

ただ補足として、スミスマシンは初心者の頃しか使わない器具!という訳でもないので少し以下の記事でお話を。

【スミスマシンの使い方!脚トレはスミスが優秀?!】記事は現在制作中。しばしお待ち下さいm(__)m

あくまでも一般的な使い方や筋トレではパワーラックの方がお勧めですが、

一部の上級者や筋トレマニアはスミスマシンを使ってとてつもない追い込みをしている方達もいます(;'∀')

なので、そこまでの追い込みを視野にいれているという方はスミスマシンの選択もアリ、です。

 

それでは!今回は少し長くなってしまいましたがこの辺で。

何か分からない事やご質問等あれば、ツイッターの方でいつでも気軽に聞いてくださいね♪

ぶーぶー
普段は毎日の運動内容と夕飯を呟いてるブゥ///

 

今回の記事がホームジム作りの参考に役立ってくれたら幸いです。

お互い理想の体を目指して頑張りましょう!

 

ぶーぶー
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

【関連】自作パワーラックはこちら

関連
【DIY】単管パイプで作る自作パワーラック!掛かった費用と作り方【作ってみた】
単管パイプでパワーラックを自作!掛かった費用と作り方【解説】

  バリン単管パイプでパワーラックを作ってみたい。でも費用はどのくらいなんだろう?作り方も詳しく知りたい! & ...

続きを見る

【参考】パワーラックの価格性能比較はこちら

参考
【予算10万円】Amazonで買えるパワーラック7種を徹底比較!【2021年版まとめ】
【予算10万円】Amazonで買えるパワーラック7種を徹底比較!【2021年版まとめ】

  ぶーぶーこんにちは!ぶーぶーです。 今回は「予算10万円以内で長く使えるパワーラック」を7種、ご紹介します ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

-ホームジム
-, , , ,

Copyright© Muscle Life , 2022 All Rights Reserved.