スポンサーリンク

ホームジム

【ホームジムのデメリット】実は4つだけ?家トレ好きが解説

実はそんなにない?ホームジムのデメリット4選

 

こんにちは。筋トレ豚です。

今回は、私が自宅でトレーニングするようになって感じた、デメリットについてご紹介します。

本記事はこのような人におすすめ

  • ジムに通ってるけど、ホームジムも気になってる人
  • ホームジムを作る計画を立てている人
  • ホームジムのデメリットが知りたい人

 

これから自宅に器具を揃えていきたいとお思いの人は特に読んでみてください。

早速、みていきましょう。

自宅で筋トレ!作ってから分かったホームジム4つのデメリット

自宅で筋トレ!作ってから分かったホームジム4つのデメリット

 

自宅でいつでも好きなように鍛えられるという最高のメリットがある反面、ホームジムにもデメリットはあります。

ここでは、私自身が実際に感じたデメリットを4つご紹介しますね。

 

ホームジムのデメリットその①金額

 

結論からいうとジムに通ったほうが確実に安く済むでしょう。

なぜなら器具を1つ揃えると『次はあれ。次はこれ…』と、欲しいものがどんどん増えていくからです。

 

私も最初はフラットベンチとダンベル15㎏×2個しか持っていませんでしたが、今ではスミスマシンにカールベンチが六畳の部屋に置かれています。(次はラットプルマシンが欲しいと計画中←)

 

大型の器具があれば自宅でもしっかりと筋肉を追い込むことが出来ます。

しかし作りがしっかりした器具になる分、値段も高くなっていくので『一度に全部揃える!ではなく少しづつ優先度の高い物から揃えていく』という考え方が個人的におすすめです。

また、体が鍛えられていく程、地味にプレート代も掛かるということも考えておかなければいけません。

ですが一度買ってしまえば半永久的にずっと使える物も多いので、ジムの会費と筋トレの頻度を考えれば数年で元が取れる事もありますよ。

 

ホームジムのデメリットその②部屋の面積

 

充実したホームトレーニング生活を送るうえで大切になってくるのが『面積』です。

筋トレ初心者が最初に揃えやすいフラットベンチとダンベルだけでも、使う際に一畳ほどの面積が必要になるからです。

 

特に家族や恋人と住んでいる、という人は同居する人の理解も必要になりますが自身の我慢も大切になります。

私は器具の溢れ返り度がマックスの時は押し入れで寝ていましたね(;'∀')

 

ホームジムのデメリットその③騒音問題

ホームジムのデメリットその③騒音問題

 

自宅でデッドリフト等を行うようになると、気になってくるのが騒音問題です。

具体的に何をすれば良いのかは、防音マット(私は3cm位のやつを敷いています)を敷いて出来る限り丁寧にダンベル、バーベルを扱えばOKだと私は個人的に思います。

以前マンションの2階に住んでいた時に150㎏でデッドリフトをやっていましたが、苦情がきたことはありませんでした。

 

ですので、あまり必要以上に気を遣う必要はないと思われます。

が、最低限のマナーとして防音マットを敷くのだけは忘れない方がいいでしょう。

 

ホームジムのデメリットその④時間の損失

 

ジムに行くまでの時間も、器具の順番を待つ時間も必要としないホームジム(ホームトレーニー)ですが、1つ大きな欠点がある可能性があります。

それが『時間が経つのが早い』ですね。

 

なぜなら自宅で好きな曲や動画を見ながら筋トレが出来るというメリットが逆に働く事もあるからです。

自宅で音楽もかけず無音で筋トレをする玄人はなかなかいない、と私は思っているので基本好きな曲をかけてのトレーニングになるはずです。

(雨音の音源をかけてする!という人はどこかのサイトで見た記憶がありますが。)

なので、ジムでの待ち時間もなく、快適に好きな曲を聞きながらトレーニングが出来るため、

ついつい時間を気にせずやり過ぎてしまったりインターバル中に曲に聞き入ってしまったりと、時間を浪費してしまう可能性もあるのがホームジムです。

私自身も、筋トレ終わったのに最後にあの曲聞こう。と部屋をうろうろしながら聞いてることが実はよくありますね(笑)

【まとめ】デメリットなし!?やっぱり家で出来ると嬉しい【ホームジム】

デメリットなし!?やっぱり家で出来ると嬉しい

 

散々デメリットを紹介したばかりですが…

結論:デメリットはありません!!(えぇ(;´Д`))

と、言えるくらい私はホームジムがおすすめ出来る物だと思っています。

 

一度、休みの前日に時間を気にせず追い込んで、あの達成感と高揚を味わってしまったら、もう病みつきになっちゃいますよ。

あなたは確実に次の休みの前日も鍛えているはず。。

 

ふざけた感じに見えるかもしれませんが、是非ホームジムに興味を持ったのなら、一度自宅に器具がある感じを体感してみてくださいね。

この記事がホームジムに興味のある人の参考になってくれたら幸いです。

 

読んで頂き、ありがとうございました!

 

 

スポンサーリンク

-ホームジム
-, ,

Copyright© Muscle Life , 2022 All Rights Reserved.