スポンサーリンク

ダイエット

ダイエットして『余った皮膚(たるみ)』は筋トレで改善できる!【体験談】

ダイエットで余った皮膚(たるみ)は筋トレで改善できる!【体験談】

 

このままダイエットを頑張っていても、お腹の皮膚は綺麗にならないの?

 

ダイエットをしていくと、体重の他に、皮の余りやたるみといった『見た目』も気になってきますよね。

今回はそんな悩みの参考にしてもらいたい、
痩せた後の見た目が筋トレで改善できる理由』についてお話しします。

 

この記事を読んで欲しい人

  • ダイエットを始めて、自分の皮膚が戻るか不安になった人
  • 痩せたけど、余っている皮を目立たなくしたい人
  • 手術するしかないのかな。。とお悩みの人

 

ぶーぶー
こんにちは。筋トレ豚です。

 

この記事を書いている私は、小さい頃から太っていて学生時代には体重が三桁を超えるような子供でした。

 

そして大人になるにつれてダイエットをして痩せましたが、
お腹や二の腕の皮膚が余って取れない!』と、痩せたら痩せたで悩んだ経験があります。

 

今もまだ、余った皮膚の悩みが完璧に解決したわけではないのですが、
筋トレによってかなり改善でき、気持ち的にもかなり前向きになれたので

本記事が、似たような悩みを持つ方のお役に立てれば幸いです。

 

ダイエットで余った皮膚(たるみ)の改善に筋トレがよく効く理由

ダイエットで余った皮膚(たるみ)の改善に筋トレがよく効く理由

 

筋トレで改善できる理由を、
皮膚が余る(たるむ)理由から順に解説していきます。

 

ダイエットで皮膚が余る(たるむ)理由と発見

 

皮膚が余る(たるむ)理由としては、

私もなんですが、やはり『肥満により伸び過ぎた皮膚が元に戻らない』が多いんじゃないでしょうか。

ある程度を超えた体形になってしまうと、明らかに皮膚の面積が余分に多くなってしまいますからね…。

 

しかし、この『皮膚が元に戻らない』という症状の原因をもう少し考えてみると、

伸びた皮膚が、痩せたときの体脂肪の減りに追い付かなかったから余っている(たるんでいる)訳なので

逆に、減った脂肪分の筋肉をまとえば余っていた皮膚が引っ張られて、余り(たるみ)改善できるのでは?と発見し、下記に続きます。

 

筋肉で余った皮膚(たるみ)を内側から膨らませて目立たなくする

 

ぶーぶー
筋肉をまとって引っ張られて改善…って
ちょっと何言ってるかわからないですよね(;´Д`)ゴメンナサイ

 

でも想像してみてください。

例えば、周囲30cmの二の腕の持ち主が、
ダイエットして皮膚が数cm余ってるのを悩んでいたとします。

そんな人が筋トレをしたら、
トレーニングのおかげで力こぶ(二頭筋)が発達し、筋トレをする前より腕(二頭筋)が数cm太くなりました。

余っていた皮膚は数cm。と、いうことは・・・

 

筋肉が増えるときは脂肪も必然的に増える ので
(筋肉が増えたら脂肪も増え、脂肪が減る時は筋肉も減ると言われています)

余っていた皮膚が、太くなった二頭筋に合わせて伸びてピッタリ!とまでは言えないにしても、

それに近い状態を筋トレで作ることは可能なんです。

 

しかし、残念ながら筋トレをすれば100%全員が解消というわけでもないので、下記で詳しく解説します。

 

筋トレしたのにイメージした体にならないワケとその時の対処法

 

筋トレしたのにイメージした体にならないワケとその時の対処法

 

『ぽっちゃり系クラス』の肥満からのダイエットなら、
ほぼほぼ筋トレで理想の体に復活できると思います。

その理由は、『伸びきった皮膚がまだセーフラインだった』可能性が高いからです。

 

つまり、セーフラインを超えていた場合は

筋トレをしても皮膚の余り(たるみ)が残る』場合もあります。

 

なのでそんなときは『気合いを入れて筋トレで追い込みましょう!

これがただ一つの対処法です。(え)

※マッサージや自宅用の美容機器などの対処法もありますが、今回は筋トレでの改善にこだわります。

実際に体重三桁から標準体重まで痩せた時の変化【体験談】

 

幼少期から太っていた私ですが、実は何度か標準体重まで痩せたことがあります。

自分なりに一番痩せた筋トレ豚

昔の筋トレ豚

 

この時が自分なりに一番痩せた、というか絞ったときです。

痩せる前は超絶引きこもりだったので写真がなく、比較を入れられずすみませんm(__)m

 

痩せる前が

  • 105㎏前後
  • 体脂肪率30%超え

 

痩せた後が

  • 65㎏前後
  • 体脂肪率7%

 

といった感じです。

 

私は身長168cmなので、168cmの標準体重「62㎏」近くまでこの時は痩せられました。

 

痩せたあとの余った皮膚(たるみ)の状態

 

当時の私が主に改善したかったのがお腹の余った(たるんだ)皮膚でした。

三段腹で特に皮膚の余りが多かったので(^^;

 

その改善結果がこちら

  • ぷっくり一段腹
  • その他、二の腕や太ももで気になる余りは特になし

 

順にお話しします。

 

ぷっくり一段腹

 

お腹全体の皮膚はかなり縮まりました。

おへそから上はほぼほぼ平らな感じになって、腹筋も見えるくらいになってくれました。

しかし、下腹部のぽっこりだけは小さくなりながらも消えてくれません

下腹部とお尻の脂肪は落ちにくいと言われているので、それもありますが
単純に皮膚が余っていた感があります。

 

現在はその最後に余る皮膚をどうにかできないものかと考えているので
また発見があればどんどん記事を更新していきますね。

 

二の腕、太ももで気になる皮膚の余り(たるみ)は無し

 

二の腕やふとももといった部位も
痩せる前は皮膚の余り(たるみ)がありましたが、

特に気にすることないレベルに縮んでくれました

強いて言えば、三頭筋と太ももの裏側があまり鍛えられていなかったので
そこも鍛えればもっと変わるかなぁという感じです。

 

自宅でのトレーニングだったので、ジムなどでより色々な部位を鍛えられれば

更に皮膚の余りの改善が見込めると思います。

【まとめ】筋トレで皮膚の余り(たるみ)は改善できるので、落ち込む必要なし

 

【まとめ】筋トレで皮膚の余り(たるみ)は改善できるので、落ち込む必要なし

 

辛い食事制限や有酸素運動で痩せたのに

結局この皮膚は余ったまま離れないのか…』と落ち込む人も多くいると思います。

 

私も当時、お腹の皮膚を気にしていた時は

頑張り続けることが虚しく感じてリバウンドしたり、また痩せたりを繰り返したりしました。

 

ですが、筋トレだけに限らず、視野を広げれば
マッサージやエステなどの最終奥義的なものもあるので

諦めずコツコツ自分と向き合うのが大切だと今は感じています。

 

ちなみに、もともとは余った皮膚を改善するために筋トレを始めた訳ではないんですが
結果として皮膚の改善に役立ってくれたので、今回はこの体験談を書いてみました。

 

あなたのダイエットのやる気に少しでもお役に立てれば嬉しいです。

 

スポンサーリンク

-ダイエット
-, , ,

Copyright© Muscle Life , 2022 All Rights Reserved.